貿易事務に華麗に転職する秘訣|スキルアップを目指して

目指すために必要なもの

キャリアや資格能力など

メンズ

貿易事務への転職は、正社員を希望するならそれなりのキャリアや資格がなければいけません。
前職が貿易事務とは関係のないものでも、貿易関係の仕事や英語を使う仕事であればキャリアにいい影響となります。
そのうえ貿易事務の資格を取得していれば、転職しやすいメリットもあります。
貿易事務の資格は難易度が高いですが、転職には有利なものとなるのでおすすめです。
貿易事務の仕事は、国際的な顧客が多くなるため英語能力は必須です。
英語能力が完璧ではなくてもできれば英検2級以上、そしてTOEICでは高いスコアが求められます。
英語は文章能力もそうですが、英会話ができなければ転職は難しいです。
貿易事務の仕事によっては海外の顧客と直接やり取りすることもあるので、そういったものが得意であれば転職もふさわしくなります。
貿易事務の仕事は、一般的な事務とは異なることをまず把握しなければいけません。
事務作業は似ていても、貿易の特殊な仕事や英語は常にあります。
こういった違いを理解しなければ、転職できる可能性も高くはなりません。
海外への貿易は今後ますます増えていくと予想されるので、貿易事務ができる人材は需要も高まります。
そのため、貿易事務への転職はとてもいい時期でもあるので、キャリアや能力を発揮するにはチャンスです。
キャリアなど過去に貿易事務のような特殊な経験がなくても、何か大きく努力した証や能力があれば認められる場合もあります。
英語が得意な人はそこからさらに勉強をするなどして能力を伸ばしていけば、転職へのステップアップへつながります。

注目の職種

レディ

学生時代の就職活動の段階においては、どこの会社に入るかを重視する傾向にありますが、社会人になって数年も経つと「こんな職業に就きたい」と職種に目が行くようになることが多いです。
そのような理由から、20代から30代はじめでいったん退職し、新たなキャリア形成にチャレンジする人が多いです。
転職活動において希望する職種は人それぞれですが、最近人気が高いのは貿易事務の仕事です。
海外との取引に関する手続きを行ったり、それに伴う文書の作成を行う貿易事務の仕事は、海外とのやり取りも多いため、実務経験に加えて高い語学力やパソコンスキルが要求されます。
また、採用する企業の側も即戦力を募集することが多いため、実務経験が無かったり、転職活動自体が初めてだったりする人にとっては、正社員として貿易事務の職種に就くことは容易ではありません。
そういったことから、転職経験がない人や、貿易事務の実務経験がない人は人材紹介会社を利用するケースが増えております。
人材紹介会社は、多くの人材を登録し、それを求める企業に紹介することを業としております。
人材紹介会社によって得意としている業界、職種は様々です。
貿易事務の職種に強い人材紹介会社というものも存在し、商社、貿易会社、そして百貨店など、貿易事務担当者を必要としている多くの企業から人材を求められております。
実務未経験者で貿易事務職への転職を志す人は、貿易事務に強い人材紹介会社に登録をし、研修等により貿易事務職に必要なスキルを身に付けたうえで、会社の紹介をしてもらっています。

新しい仕事を見つけるコツ

面接

輸出入に関する各種書類の作成などの経験を活かしたい場合には、商社やメーカーをはじめとした、貿易事務の求人に注目するべきです。
サポート実績が豊富な、大手の就職支援会社のサービスを利用すると、スムーズに希望する企業に転職できるでしょう。
就職支援会社に登録して、これまでの職歴や希望する転職先などのデータを整理するのが、効率的に新しい仕事を見つけるテクニックです。
経験豊富なコンサルタントは、転職希望者一人一人の求めに応じて、最も適した貿易事務の求人情報を紹介してくれるでしょう。
けれども過去の職歴だけに頼るのではなくて、更に仕事に役立つスキルを高めて、転職に向けて準備するのが理想的です。
独自の教育プログラムも用意する就職支援会社を活用すると、貿易事務の仕事でも役立つ、パソコンの技能も高められるでしょう。
更に就職支援会社が主催する各種セミナーに参加するのが、通関手続きや海上輸送の実務について、深く学ぶ最善の方法です。
そして国際貿易の実務に直結する知識を身につけるのが、有利な条件で就職活動を行って、第一志望の企業に転職するための裏ワザです。
また希望する貿易事務の仕事に対する、具体的なイメージを持つことが、ミスマッチを避けて満足度の高い求人を見つけるためのポイントです。
会員に対して最新の情報を提供してくれる就職支援会社は、業界の動向についても詳しいので、将来性のある企業を選んで転職したいときにも役立つでしょう。