貿易事務に華麗に転職する秘訣|スキルアップを目指して

ゴールを見据えて

エージェントに依頼

パソコンを操作する人

日本は島国であるため、閉鎖的ではありますが先進国という事もあり昔から輸入や輸出など貿易が盛んに行われています。
これから転職を考えている人の為に、国際取引の要とも言えるポジションの貿易事務についてご紹介していきます。
貿易事務の仕事は大きく分けて、書類作成業務、取引先とのやり取り、コレポンです。
国内とは違い、自国の法律や他国の法律、更に為替や時差など常にアンテナを張りながら勉強していかなければならない仕事です。
転職で選ぶ際は、会社の規模、業績、商材をチェックしましょう。
企業や海外進出を狙っている人の場合は選択が重要になってきます。
またポジションの部署の人数により役割分けをしている場合もあるため、1人で一通り扱いたいのか、もしくはグループで作業したいのかによっても選択肢が広がります。
未経験で貿易事務に転職する場合は業務を教えてくれる人がいるかも重要です。
ベンチャーの場合、スタートから何もわからない状態で始めなければならない為、資格や知識をあらかじめ得ておく事をオススメします。
給与を基準として選ぶ場合は大手が福利厚生や研修などのバックアップ面が手厚いため良いですが、起業を目指す人は自身の判断で責任を任される会社を選択すると良いでしょう。
貿易事務は扱う商材により必要書類も多数です。
法律は常に変わるものですから臨機応変に対応出来るスキルと幅広い視野が必要になってきます。
現在は転職エージェントにお願いして数社比較するのも良い検討方法として挙げられます。

求人を探そう

レディ

転職するにあたって最も重要な事はあせらずに次の仕事を見つける事です。
転職先を見つける方法は友人や知人の紹介、転職サイトを利用する、エージェントを使う、雑誌や新聞、企業HPから直接探す方法などがあります。
まずどの方法を使ったとしても費用は無料です。
すべて平行して利用する事も可能です。
エージェントを利用すると希望の業界や職種での求人を紹介されます。
非公開求人も多数ありますが、必ず希望通りとはいかない上、あまり紹介がない場合もあります。
この点直接自分で探す方法は非常に手間がかかりますが、自分の希望通りに探す事が可能です。
それぞれメリットがありますが、評判良く多くの人に使われているのが転職サイトです。
これは自分の情報を登録しておけば履歴書や職務経歴書をいちいち作成しなくても応募が可能な上、企業側からスカウトをもらう事が出来ます。
現在求人がある企業の業界に絞って検索するなどの利便性もあります。
さらに希望する会社の求人が公開となればメールで知らせてくれるなど、使い勝手は良いと言えます。
求人は一般事務や貿易事務の数が多いですが、貿易事務は経験者を中心に採用しています。
未経験者であれば未経験歓迎の貿易事務を探す必要がありますが、このような場合にも転職サイトは一覧表で比較できるなどのメリットがあります。
貿易事務では英語も必須です。
資格登録欄に英語についてアピールしておくと企業側からも選定がしやすくなります。
このように転職する方法は様々でそれぞれメリットがありますから、しっかり比較検討する事が最も重要です。

経験値やスキルの重要さ

電話をする人

どんな仕事でも皆、最初は未経験から始めます。
経験を積むことでその仕事のスペシャリストとなることができるのです。
貿易事務の仕事は新卒の場合、当然未経験でも採用可能ですが、中途や転職の場合は、経験の有無によって採用率が変わってくる場合もあります。
貿易事務の仕事の経験者であれば貿易の知識もあり即戦力として採用されることもあります。
企業によっては求められるスキルや仕事内容も異なってきますので、最初は研修期間を設けるのが一般的です。
また、貿易事務の仕事に転職する場合、どの様なスキルが必要なのかと言うと、それももちろん企業によって求められるスキルは異なってきます。
しかし、貿易事務の仕事としてどの企業でも共通しているのが語学力です。
貿易関係の仕事ですから、海外とのやり取りもあります。
したがって、英語が話せることは必須になります。
応募する際には企業について調べてから応募した方が良いかもしれません。
また、自分の能力やスキルをアピールするためにも、面接での対応力は重視されます。
そして、日常生活で使用される英会話だけでなく、ビジネス英会話が出来る場合には、きちんとアピールしましょう。
以前勤めていた職場でも貿易事務の仕事をしていたという経験者であれば、その職場で働いていた際の実績をきちんと伝えるべきです。
経験者の場合、貿易事務の求人サイトや派遣会社に登録して、企業とのマッチングサービスを利用することも一つの手段です。
実務経験などを参考にして、マッチングしてくれるので、働きやすい環境の転職先に巡り会うことが出来るでしょう。
転職に関してのサポートも手厚く行なわれているので利用してみるべきです。