貿易事務に華麗に転職する秘訣|スキルアップを目指して

求人選びの注意点

採用の条件

仕事探し

一般事務は特に必要な資格もなく事務経験がなくても採用される可能性も多い職業なのですが、貿易事務は少し事情が違います。
貿易事務の場合は貿易事務の場合、海外の人や外国とのやり取りが多いので英語が話せることが条件になります。
日常生活に困らない程度英語が話せるというわけではなく高い語学力が必要となるのが貿易事務の仕事です。
事務職ですから、実際に契約は取引をするというわけではありません。
しかし契約の内容を分かりやすく伝えたり、手続きを進めていくような作業を行うので、誤解がないように意思疎通を図りながら進めていく必要があります。
転職を行うときに重要なポイントとなるのが語学力です。
貿易関係の知識がなくてもそれは後々覚えることもできます。
しかし英語でのコミュニケーションは短期間で覚えることはできませんし経験がとても重要になります。
貿易事務の仕事に転職する時にはやはり経験者の方が優遇されますが、未経験者だからといって採用されないわけではないのです。
経験がなくても企業から見て優秀な人材であれば採用される職種でもあります。
貿易事務の仕事に転職したいと考えているのならば、まずはたくさんの求人を見てみることです。
貿易事務と言っても仕事の幅は企業によって異なります。
また転職する時には能力や経験によっても給料が変わってくるので注意しましょう。
事務職の中でも高収入が期待できる貿易事務の仕事は、人気にの職種の1つですので、採用されるためには自分のスキルを高めることも大切です。

職探しの前に知識を深める

女の人

貿易事務の仕事は、主に二種類に分けられます。
具体的に説明すると、輸入に関する貿易事務と輸出に関する貿易事務です。
輸入業務を行っている会社へ転職する場合には、輸入に関する知識が必要になります。
輸出業務を行っている会社へ転職する場合に必要なスキルは、輸出に関する知識です。
もちろん輸出入の両方の業務を行っている会社も存在するため、そういった会社へ転職を希望する場合には輸出入の両方について勉強しておかなければなりません。
言うまでもなく、貿易事務へ転職する際には事務作業ができるだけの英語力と処理能力が求められます。
貿易に関する専門的な英語力が必要になるため、ビジネスに特化した英会話スクールに通うなどして勉強をしておきます。
英語能力を判定する検定試験を定期的に受けるようにすれば、その能力は自然とつきます。
最近ではアジア圏の国と輸出入で関わることも多くなってきたため、英語だけでなく中国語も勉強しておくと有利になります。
次に、具体的な事務内容についてご説明をいたします。
輸出入の契約で必要になるのは、請求書や領収書など金銭の取引に関する書類です。
作成の際にはパソコンを使用することになるため、専用ソフトが操作できなければなりません。
また、海外の取引先に在庫の状況を知らせる際には商品一覧表などを作成する技術が要ります。
その他、取引に関する交渉についても任せられることがあるため営業の手腕を磨いておく必要もあります。
貿易事務の仕事は、専門性が高く仕事内容も多岐に渡るのです。

サイトを利用しましょう

レディ

貿易事務の仕事は、貿易会社での実務処理がメインとなります。
具体的な業務内容は、輸出通関書類や通関手配をはじめL/C買取や運送手続きなどのほか、輸入通関手続きや関税手続きなどにくわえ、消費税の納付や輸入した商品の納入管理や輸送手配など非常に多岐にわたります。
貿易事務の求人では、PCスキルにたけている方や外国語が堪能な方をはじめコミュニケーションスキルの高い方やマネジメント能力の高い方など、幅広い人材が求められているので、異業種からの転職を検討している方にもおすすめの仕事となっています。
貿易事務の転職を目指す方にとくに大きな武器となるのが語学力です。
海外のクライアントと交渉をするのは営業部となりますが、文書やメールでのやり取りは貿易事務を担当する部署の仕事となるので事務職でも語学力が求められます。
そのため語学力があれば、転職する際の面接でも大いにアピールすることが可能です。
しかし語学力が必要といっても、ネイティブレベルの能力が求められるわけではないので、業務で必要な語学力が備わっていれば十分にチャンスはあります。
ひとくちに貿易事務といっても、企業によって業務内容は様々です。
そのため貿易事務で転職を希望している方は、希望する企業の業務内容などをあらかじめしっかりとリサーチしておくようにしましょう。
希望する企業のリサーチは、転職サイトがとても便利です。
実際にその企業で働いている方の口コミなども参照できるので、業務の内容や求められるスキルなどもしっかりと研究することができます。